2012年10月09日

ウォーキング効果による体への影響

ウォーキング効果はなんと言ってもその有酸素運動による
脂肪燃焼効果でしょう。この脂肪燃焼という言葉が魔法み
たいなもので、男性なら肥満やメタボ解消の為、女性はも
ちろんダイエット効果を期待して日々のウォーキングに励
んでいるのでしょう。
ウォーキング効果が出したいのであれば、もちろんそれなり
にはしっかり毎日ウォーキングを行う必要があります。
ただ有酸素運動は数あれど、このウォーキングは体への負担
が他の有酸素運動に比べて少ないので老若男女だれもが安全
に行える運動なのです。

更にウォーキング効果で挙げるとすれば、心肺機能が高くなる
効果があります。これはウォーキングをする事で適度に心拍数
が上がりますし、酸素を体内に取り込む事で心肺機能が鍛えら
れるのです。慣れてくるまでは、あまり激しいウォーキングを
せずに、自分の体に合ったウォーキングを心掛ける事が体に
負担をかけないコツです。

他には筋力アップの効果もあります。日々のウォーキングを繰り
返す事により足、腰、背中、腕の筋肉の増強が期待できます。
特に年配の方は筋力の低下を気にされている方も多い事でしょう。
それはウォーキングをする事で筋肉を鍛え予防する事が出来ます。
ただし正しい姿勢でウォーキングを行う事が重要です。

そして女性の方が気になるであろうダイエット効果です。
ウォーキングは脂肪を燃焼させてくれます。激しい運動の方が
脂肪が落ち易いと思っている人が多いでしょうが、ウォーキング
のように軽い運動でもある程度持続させる事で、充分に脂肪を
燃焼させる効果があります。
posted by くに at 20:30| ウォーキング | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。